風俗のバイトあるある~イメクラ編~

Posted on

イメクラってどんなお店?

「イメクラ」とは「イメージクラブ」を略したもので、風俗嬢とお医者さんごっこや先生と生徒といったロールプレイをしながらエッチなサービスを楽しむ風俗になります。2000年代初頭までは人気のあった業種ではありますが、最近では下火になっている感は否めません。最盛期にはお店全体を電車の車両に模して、痴漢プレイを楽しめるなど思い切ったコンセプトのお店が多く楽しい思い出がたくさんあります。私生活では味わえない禁断のシチュエーションを疑似体験できることがイメクラの醍醐味でしたよね。

そんな少しマニアックな風俗だけに、利用客もかなりパンチの効いた人が多かったはず!ということで、今回はイメクラでバイトをしていた女性に印象に残っているお客さんとの思い出話を伺いたいと思います。男性読者は共感できるポイントもあるかもしれませんが、女性読者は引かずに暖かい目で見守って下さいね。多かれ少なかれ、誰しも万人には共感されない変態的な所があるもので、特に男性は下らない妄想に憧れている傾向が強いものですから…。

元イメクラ嬢のナツミさん(38歳)

今回お話を伺うナツミさんは、今でこそ主婦ですが独身時代は人気イメクラ嬢として人気を博していた方です。そんな彼女ですから、私も何度か取材をしたことがあり、次第に仲良くなりました。彼女ほどの人気風俗嬢であれば、イメクラならではの濃い話が聞けるはず。イメクラ店の実態やお店での印象的なエピソードを教えてもらいました。

——始めに風俗のバイトもそうですけど、何でイメクラを選んだんですか?
「私が風俗で働きだした頃は、ちょうどイメクラが全盛期だったのでお店もたくさんあったんですよね。だからあえてイメクラを選んだというよりも、条件の良いお店がたまたまイメクラだっただけなんです。今はもうかなり数が少なくなったと思いますけど、店舗型のイメクラ店で部屋毎に本格的なセットがあるお店でした。病院ルームとか教室ルーム、オフィスルームもありましたね。」
——かなりの有名店でしたもんね。
「そうですね。最初は知らなかったですけど、業界では有名だったみたいですね。ひっきりなしにお客さんも来てたし、コスチュームもナースや制服などたくさんあったし、コスプレをして小芝居をしながらプレイをするのも楽しかったですね。」
——演技経験とかあったんですか?
「いえ、全く(笑)。けど演技の上手さよりも真面目に取り組むことが大事だったんですよね。お客さんが凄く一生懸命なんで、笑ったり照れたりしてられないんですよね。自分で台本を書いてくるお客さんも多かったですからね。」
——あったあった(笑)。あの頃は台本を持って風俗店に来る人多かったんですよね。
「そうなんです。演技力のある子なら台本通りに演じれるから良いんですけど、急に台本通りにやってくれって言われても難しいじゃないですか。けど、実は台本ってそんなに重要じゃないんです。大まかな流れと女の子のタイプだけ押さえておけば、後は自由にやっても逆に喜んでくれるお客さんが多かったですよ。よりリアリティが出るのが良かったみたいですね。あと演技に熱中し過ぎて、肝心の風俗プレイに入らないで終わっちゃうお客さんも多かったですね(笑)。リピーターのお客さんだと、女の子から積極的に迫られるパターンとかもやるんですけど、途中からモテる自分に酔い過ぎちゃって女の子をじらしている間に時間が来ちゃうみたいな(笑)。」
——分かる(笑)。イメクラってちょっと悲しいんだけど面白いエピソードって多いですよね。他にも風俗のバイトで印象に残っているエピソードってありますか?

奴隷志望の痴漢男とは!?

人気のあった電車内の痴漢プレイ 「今でも覚えているお客さんが一人だけいますね。電車ルームでの痴漢プレイっていう人気プレイがあったんですけど、私が制服を着てお客さんが痴漢行為をするんですね。痴漢をされてる内に女の子が感じちゃって…みたいなのが定番のストーリーなんですが。ところがその人の場合は、『僕が痴漢をしたら、ひっぱたいて怒って説教して!!』って言うんですよ。私はSっ気が全然無いので最初は戸惑いましたけど、これもお仕事だしと思って思いっきりビンタしたんです。」
——ちゃんと役割通りこなしたんですね。流石、プロの風俗嬢。
「はい。そうしたらお客さんは跪いて謝って『何でもするんで許して下さい』って泣きながら言うんです。本当に泣いてるんですよ。それを見て私もスイッチが入っちゃって『じゃあ、そこでオナニーしなよ』って言っちゃったんです。そうしたら半泣きのままオナニーしだして、そのままイッちゃったんです(笑)。楽な客だなぁってことでも印象的ですけど、後にも先にもあんな強烈なお客さんはいませんでしたね。しかも二度と来なかったので、私の演技が物足りなかったのかなぁなんて思いましたね。」

演技力に自信のある方にオススメ

その後のナツミさんは、特にSに目覚めることなく、普通にイメクラのバイトを続けたそうで、お仕事での演技力を駆使して旦那となった彼氏にも風俗でのバイトを隠し切ったそうです。それ所か、今でもたまに風俗の求人サイトを見ては、短期のバイトを繰り返しているそうです。

今ではめっきりイメクラの風俗店が少なくなってしまいましたが、コスプレ好きや演技力に自信のある女の子であれば楽しく働ける可能性が高いお仕事と言えますよね。また、最近のイメクラではデリヘルなどの派遣型風俗に多く、女の子が目隠しをした状態でホテルに入るような少しSM色の強いコンセプトになっているようです。現在では店舗数が減ってしまい、求人広告を見つけること自体が難しくはなりましたが、興味を持った方は是非、求人サイトでイメクラを探してみてくださいね。