女子大生が風俗のバイトを始める理由

Posted on

女子大生の風俗事情

つい先日も有名なお嬢様大学に通う女子大生が在籍する売春クラブが摘発されたばかりですが、それはあくまでも氷山の一角でしかなく、デリヘルや性感エステなどの合法風俗も含めれば、星の数ほどの女子大生が風俗のバイトをしていることは周知の事実と言えます。大学時代というのは付き合いも多く、意外とお金が掛かってしまうのはいつの時代も同じこと。もちろんコンビニやカフェなどのバイトをしている子もいるのでしょうが、如何せん時給1,000円程度が関の山ですし、比較的時給の高い家庭教師のバイトをしたとしても決して十分なお金を稼げる訳ではありません。

そうなると何人かの子が夜の仕事へと流れていき、まずはキャバクラで働きだすのですが、そう簡単に稼げるほど甘い世界ではありません。ただ若いだけの女の子が一緒にお酒の相手をしてくれる程度ではお給料もたかが知れていますし、男性相手のお仕事を甘く見ていた女の子ほど思うように稼げないからと風俗のバイトへ鞍替えするのが典型的なパターンでしょう。

学歴に関係なし!

近年、高学歴の風俗嬢が増加中 昔は風俗のバイトのような体を使った職業は低学歴の人の仕事というイメージが強かったですが、今では風俗のバイトに学歴は関連性の無いものというのが一般的な認識と言えるでしょう。性行為に対して無頓着な女性は、性に関する嫌な経験をしたことのある子が多かったものですが、そのような傾向も見られません。むしろ自分のことを客観視して、よく理解している女の子が多い印象すらあります。高学歴の女子大生が風俗のバイトを始めるケースも珍しくなく、持ち前の論理的思考で身内バレの危険を避けつつ、知的さを売りにするなど自己プロデュース力を存分に発揮する時代になったようです。

そんな高学歴の女子大生が風俗のバイトを始める理由は、効率の良さが圧倒的に多いようです。キャバクラの世間的なイメージが上がり、キャバ嬢を経験した女子大生が増えたことで、そんなに割の良い仕事では無いということを知ったことも関係しているのでしょう。キャバクラと言えど、週3日以上は働かなければ大した金額が稼げませんからね。それに社交的であればあるほど、顔を出す必要のあるイベントは増えていくので、そんなにバイトばかりもしていられません。その結果、週1日~2日でも高収入を稼げる風俗のバイトに落ち着くようです。女子大生に限らず、性産業の若年化が問題視されるようになって暫く経ちますが、性に関する情報や観念がよりオープンになっていることも大きく関係しているでしょう。セックスをしなければ浮気じゃないと考える女性が増えてきていると感じる昨今では、風俗のバイトを始めたとしても何ら不思議は無いですからね。

意外と多いのが奨学金

厳密には女子大生ではありませんが、大学時代の奨学金の返済の為に風俗で働きだす女性も少なくありません。奨学金は大学の学費を補う為のものですので、大学を卒業したら返済しなければなりません。就職活動に失敗してしまってはどうしようもないですが、何とか就職先を見つけられたとしても新入社員の給料は低いですし、保険の営業などのように給料が歩合制の場合もあります。看護師や美容師、服飾系のお仕事も給料が低いので、風俗のバイトを兼業している女性が多いと一部では言われています。

多くの女性は、お金の問題で風俗業界に足を踏み入れる訳ですが、風俗の求人広告が7月から8月頃に最も多くなるのにも理由があります。もちろん、女子大生が夏休みに入るからというのも理由の一つですが、会社を辞めた新人女性がとりあえずの仕事として風俗のバイトを選ぶからでもあるのです。皆さんも毎年5月から6月に掛けて新人が会社に来なくなったという記事を目にしたことはないでしょうか。このように、風俗業界と一般社会には密接な関係があることはあまり知られていませんが、新人風俗嬢が好きな男性の間では、7月が一番の狙い目だということは定説となっているんですよ。

風俗店の手厚い待遇

有力な女の子にはお姫様待遇 それにしても、特に日本の男性は若い女性が好きなようで、女子大生のニーズが非常に高いことも事実です。風俗に限らず、キャバクラでも女子大生専門のお店が少なくありません。その為に、風俗店側もこぞって女子大生への待遇を手厚く設けています。時給や日給保証を高めに設定することはもちろんのこと、顔出しが完全NGのお店もあるほどです。中には送りのサービスだけではなく、迎えのサービスまでして風俗店で働いていることが分からないようにする徹底ぶりです。

肉体的にも精神的にも大変な仕事とは言え、お嬢様のような扱いを受けて、なおかつサラリーマンの月収を優に超えるお給料を稼ぐなんて少し羨ましいですよね。しかし、これだけの環境を味わってしまうと普通の生活に戻りづらいものですよね。そここそが風俗店の狙いなのかもしれませんが、このような背景が近年の風俗嬢の高学歴化の一因であるのかもしれませんね。